無料ブログ作成サービス JUGEM
セイコーシャリオ。
先日のニュースに、

スティーブ ジョブス氏愛用の時計がオークション出品!

何と、450万円で落札。

「セイコーシャリオ」

若い皆さんはご存知ないと思います。

僕が学生時代の憧れの時計、

価格は2万円ぐらいだったと思います。

ま〜アルバイトすれば手が届く価格かな?!

悪いけど、高級品と言うイメージではありませんでした。

何せ学生が憧れる時計ですから!?

スティーブジョブスとセイコーシャリオ、

はっきり言って、

あのスティーブジョブスですからね!

ローレックスってイメージかな?

そんな事を考えながら、

ふと恥ずかしくなりました!

値段が高いから、

高級品だから、素晴らしい!

ではなく、

「価値は自分自身で決めろ!」

ある本にあった言葉です。

当時のセイコーシャリオのCMを思い出しました。

たしか、チューリップの財津さんの曲でした。

銀杏並木を歩く若い二人、

40年くらい前かな、またあのCMを見たくなりました。
| 立花洋 | 独り言 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
〇〇ファースト。
最近の新聞各紙の一面に踊る、

〇〇ファースト!

選挙立候補者が投票者に対して、

「私の選挙公約は、、、!」

と言う感じかな?!

って言うか、

立候補者が国民 都民 県民 市民の為には、当たり前じゃないのかな?

それをあえてファースト、ファーストと言うのに何か違和感を覚えます。

わかりやすいから使うんだろ〜けどね。

ま〜〇〇セカンドって言ったら選挙に落ちちゃうか!?

アハッ(^^ゞ!

当選出来なきゃまずいからね。

ま〜某国の首都での選挙で、

都知事選なのに、国政についてばっかり演説していた立候補者もいたからな〜?!

ま〜どちらでもいいんだけど、

20世紀以降の選挙で立候補した方々、

戦争大好きな方々でさえ、

例外なく国民ファースだったと思います。
| 立花洋 | 独り言 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
大手家電メーカー。
SHARPが台湾企業になりました!

SHARPと言えば、液晶テレビ、液晶テレビと言えばSHARP、

そんな時代もありました。

今日の報道、TOSHIBA債務超過!

今期も赤字、倒産か?!

日の丸家電メーカーが世界を圧倒していたのが懐かしくなるくらい、

子供の頃、テレビ 冷蔵庫 洗濯機 の順番だったかな?!

幼稚園児の頃に、我が家にあった家電は真空管ラジオだけだった、

「も〜びっくりの連続!」

そのほとんどがTOSHIBA製でしたね。

祖母が、「家電はTOSHIBAだよ!」

よく言ってましたね。

家電メーカーの凋落は三洋電機が無くなった頃から始まっていたのかも知れません?!

一つ経営判断ミスが倒産の危機を招く事がある。

会社を経営している私にとって他人事ではありません。

祖母がよく言ってました!

「明日は我が身」

誰かが失敗したのを見たときに絶対に笑うんじゃないよ、

明日は我が身、

反面教師、

学ぶことを絶対に忘れるな。

今年は祖母の17回忌です。
| 立花洋 | 日常 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
久保華図八さんとの出会い。
久保さんとは直接お会いした事はありません。

「経営者には、幸せにするべき5人の人がいる」

と言う書籍を書かれた美容室を経営されている方ですから!

目から鱗と言いますよね、

まさに目から鱗と言うべき書籍です。

内容は割愛しますが、

170ページにこの様な一文があります。

「変化の人に会いなさい」

へんかではなく、へんげと読みます。

「変化の人」とは人に見えるけれど、あなたの為に人の姿をした神様だと!

神様との出会い!

命果てる前に、何人の神様に出会えるか?

これ以上書いちゃうと著作権に触れちゃうかな?!

アハッ(^^ゞ!

それは冗談として、

正月そうそうに今年のベスト本に出会えました。

もしかしたら、人生のベスト本!

さ〜て、

もう一回読もうかな!

7回目だけど!
| 立花洋 | 日常 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
プラカードって?
英国がEC離脱派勝利!

アメリカ合衆国大統領は番狂わせって言ったら失礼かな?!

トランプ氏当選!

欧米が大きく変わろ〜としています。

世界の枠組みが変化しています。

アメリカ合衆国は世界最強の国、

英国は以前の国力はありませんが、

常任理事国なのは変わらないし、金融の中心にあるのは変わらない。

1民間企業を名指しで批判する国、

10億円を返還しろと発言する国、

ミサイルを飛ばしまくる国、

我が国の周辺は問題だらけだと思うんだけど、

某国の国会は、プラカードは上げた!とか貴方も上げたとか!?

そんな事はど〜でもいいと思いますね。

某国が呆(然)国とならない事を望みます。

| 立花洋 | 独り言 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
子供の頃の憧れ。
松方弘樹さんが亡くなりました。

僕が子供の頃は、俗に言う、「ヤクザ映画」

(最近はあまり作られていませんが)

よく見てましたね。

仁義なき戦いは何回も見ましたね。

見終わって映画館を出る頃には、マジにヤクザ気分、

ちょっとがに股して、ポケットに手を突っ込み、

そんな時代もありました!

ヤクザに憧れって感じの時代でした!

松方弘樹さん、マジにかっこよかった!

憧れの存在でした。

ご冥福心よりお祈り申し上げます。
| 立花洋 | 独り言 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
神奈川大学に行って来ました。
11月に講義をしましたが、

昨日は、担当した社長の方々が全員揃い、

(半年の持ち回りで14名)

学生の方々との、講義総括でした。

20代の若者達が会社について、どのように思っているか?

社会人になることを、どのように考えているか?

自分自身が学生時代に考えていた事を思い出しながら聞いていました。

夢を持てない若者達とか!

将来に希望を持てない時代とか!

「残念ながら、マスコミのネガティブな報道が最近は多いよな〜?!」

って感じていた還暦おやじは、

マジに反省しました!

m(__)m

ぜ〜ぜん、学生のみんなからネガティブな発言はありません、

ポジティブ発言がわんさか!

嬉しくなりました!

彼等の情報源は、オジサン達の新聞や大手マスコミではありません、

ネットが想像以上に浸透していた!

世界中の情報がすぐに入る時代、

そして、個人が発信出来る時代、

日本の若者達、捨てたもんじゃないな!

ま〜昔から、「最近の若い者は!」

使い古した言葉かありますけどね。
| 立花洋 | お仕事 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
明けましておめでとうございます!
明けましておめでとうございます!

お陰さまで15年目の元旦を迎える事が出来ました。

本当に感謝の気持ちで一杯です。

「とにかく、1年は生き残ろ〜

3年は持ちこたえよう〜

5年目の春を迎える事ができた!

10年目は、お世話になっている業者さん、お客様をお招きしてパーティを催す事が出来ました。」
そして、15年目の正月を迎える事が出来ました。

44歳で創業させて頂いて、今年で還暦になります。

お客様の笑顔のために!

今年も頑張って参ります。

よろしくお願い申し上げます。

寒い日が続きます、

お身体ご自愛下さい。

ラ パットーラ

立花 洋。
| 立花洋 | 日常 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
現在の声優事情。
今年もサンタクロースが我が家に来ました。

「○○シンデレラ ファースト ライブのBlu-rayをお願いします!」

娘が大好きなアニメを担当している声優の女の子達が、

アニメと同じようにライブを、

まるで、アイドル歌手!

YouTubeに投稿されている、

もちろん画質も悪いし細切れです、

僕がアニメ(当時は漫画って言ってました)とは別世界!?

声優の方々の顔は知りません、

声優ですから、あくまでも声だけだった!

声優の女の子が、アニメと同じ服を着て、

歌い踊る!

これも時代の変化!かな?

今日の朝から我が家はライブ会場です。

「サンタクロースさん、ありがとう〜♪♪v(*'-^*)^☆」

娘から直筆の手紙を貰いました。

アハッ(^^ゞ!
| 立花洋 | 独り言 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
若いエネルギー!
神奈川大学に行って来ました。

昨年に続き二度目、

昨年は40名、

今年は114名!

溢れんばかりの青春パワーに、

「マジ〜!?」って感じかな?!

基本的に緊張しないんだけど、迫力はありますね。

講義の準備のために、前回のレポートを読みながら、

「伝えたい事の1割も伝わってないな〜!?」

正直な感想ですね!

今回は、もう少しなんとかならないかな?

悩んだあげく、

1つの事に気づきました!

20代の若者達、

来年、還暦の僕、

「伝えたいなんておこがましい!」

「彼等は今何に興味があるのか?」

大学3年、来年4月からの就職活動、

就職試験、

面接、

内定!

彼等が希望する会社の内定を取れるアドバイスこそが僕のやるべき事だと思った。

レポート読みながら、

手前味噌だけど、昨年よりは彼等のために少しはは出来たかな?

来年も講義の機会を頂けるとの事、

「これから日本を背負う若者達に何が出来るか?」

あと何年生きられるか?

終盤に迫った僕の人生、

やるべき事を気づかさせて頂きました。

この場をお借りしてお礼申し上げます。

「本当にありがとうございます。」
| 立花洋 | お仕事 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |